葬儀と相続で慌てないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


親が亡くなると、葬儀をしなければならないし、納骨をしなければならない。その他、不動産や銀行の手続きもしなければならない。
突然に相続が始まる前に、あらかじめ親族とその後のことを考えておいたほうが良いみたいです。
お葬式の費用は、昔はだれが負担するかも決めていたみたいだが、今では自分で自分の葬儀代を用意して亡くなるのが普通らしい。
高齢化の進展も大きな問題の一つのようです。
今、孤独死が、話題になっています。理由はいくつかあるが、人口の都市部への集中もその一つみたいです。
孤独死すると、各自治体によってもこの期間は異なりますが、無縁仏として合祀として埋葬自体はきちんと行われます。
ただし合祀は、遺骨を一つにするため、後から分別することはできないそうです。
個別に墓を受け継ぐ人が亡くなったときに、親族がいないため、散骨や樹木葬などを希望する場合も増えています。
そして、お葬式の準備は思った以上に手間や時間がかかります。お墓の管理も大変です。
今では、管理が楽な都市部の納骨堂が人気を集めているようです。
大切なのは、亡くなった方と遺族がきちんと最後のお別れをできるようにすることもあります。
一番良いのは、やはり家族が生きているうちに、葬儀のことや相続のことを話題として話し合い、スムーズに葬儀や相続を終わらせて残された人が困らないようにすることが大切なようです。
その故郷の墓を作っても、管理が難しく、核家族化や少子化が急激に進む日本では、昔のように家を誰かが継ぐという文化が亡くなってきているので、今後は亡くなった後のことも考えていかないといけません。
いまでは、高齢者夫婦だけで暮らしている家庭もあり、残された人も同じように高齢であることが多いようで、葬儀や相続手続も大変内容です。
はやくから相続のことを考えて、親類や、知人の人と連絡をよく取り、葬式やお墓、相続財産をどうするかを決めておくほうがトラブルが少ないとのことです。
残された親族の大きな負担となるのは、やはりお葬式代で全国平均で100万円を超える額がかかるそうです。
亡くなる前の元気なうちに、残された親族が葬儀を滞りなくできるように必要なお金を準備しておくべきでしょう。
葬儀代がなければ、簡素な火葬にすれば、10万円台で葬儀を終わらせることができるようで、その時は、それなりのお葬式にすればよいと思います。
亡くなった後の葬儀と相続は、他人事のように考えてしまいますが、一度、いずれ訪れる自分のこととして、向き合って考えておいたほうがよいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。