葬儀の準備

亡くなった後から葬儀までを準備

親族が亡くなったときはどのように葬儀までを進めればよいか、知っておいたほうがよいでしょう。
親族を執り行う側になることはめったにないことで、突然の葬儀ではわからないことが多いはずです。
まず病院で亡くなった場合は死亡診断書を医師から受け取ります。検死があった場合は死体検案書をもらいます。
死亡診断書をもらった後は、葬儀をどうするか決めなければなりませんので、早めに亡くなった方の家族と親族に連絡をとり、葬儀をどうするか話し合いましょう。
親族のみで葬儀をするときは、葬儀の場所を決めます。セレモニーセンターや公民館を利用するときは予約をします。
どんな日程やスケジュールで葬儀を進行するか、誰を葬儀に呼ぶかを決めて、連絡をします。
さらに、菩提寺があれば菩提寺に連絡をしてお経をあげる用意をします。菩提寺がないときは、近くのお寺にお経を頼みましょう。
お通夜と葬儀で、お寺のや参列者の人数、遠方から来られる参列者の時間などを考え合わせて日程を決めます。
一般的には、火葬が多いので、火葬場も用意しなければなりません。
セレモニーセンター併設の火葬場がないときは、火葬場に予約をします。
その後は、亡くなった方のご遺体の清めをして、死化粧をすませて、納棺をし、葬儀場所に棺桶を運びます。
葬儀に関する情報を発信するエンディングデータバンクによると、スムーズに連絡できるだけでなく、訃報を案内するときにやるべきことは分からない」「事前にどのくらい費用がかかるのか、分からない」「事前に暗証番号や印鑑の保管場所を確認してくれなかったのかどこを比較すればいいのかそれ以外の方に連絡します。
亡くなる前に、葬儀について親族と話しておいて、参列者の範囲と葬儀の予算、菩提寺やお墓について、決めておいたほうが円滑に慌てず葬儀ができますので、亡くなる前に話し合いを持つほうが良いでしょう。
現在では、葬儀を手伝ってくれる親戚やご近所が少ないため、葬儀社に連絡をして、予算に合わせた葬儀を任せることもできます。

葬儀社の手配

突然の葬儀が発生する場合、インターネット上を探すと多くの葬儀社の情報が見つかりますが、どこを選べばよいかわかりません。
人によって葬儀会社との相性もあるので、値段だけで簡単に決めてはいけません。1社だけで即決せずに、いくつかの葬儀会社に話を聞いてみましょう。
最近は、葬儀を行う方法を親戚が把握していることが少なくなり、葬儀会社を利用することが多いようです。
亡くなった方の葬儀について、親族と話し合いしながら、葬儀を取り仕切ってくれるのが葬儀社になります。
葬儀社を選ぶと、予算の中でできる葬儀を決めて、葬儀社が葬儀の準備を進めていってくれます。
しかし、葬儀会社を決めるための1つの材料として見積を取る場合でも、インターネットの情報は広告がほとんどで、信用できる情報なのか判断するのに困ります。
安易に値段の安さだけで飛びついてしまうと、お得ではなく、安かろう悪かろうの葬儀サービスを提供されることがあります。
加えてトップ大変な仕事でも質問し、こちらがわかるまで念入りに解答てくれるのが葬儀社です。
インターネットの葬儀会社の情報は、費用やサービスの比較は難しいでしょう。
インターネットで掲載されている費用が安くても、あとから次々費用を追加される場合もあり、よくない葬儀社もあります。
まずは、その葬儀会社が親身なって親族の要望に対応してくれるか、サービスの質を判断することに先決を置くべきです。